中村倫也 あべのハルカスで「アラジン」主題歌熱唱 高所恐怖症も最後は「大阪を飛んだね!」

[ 2019年5月27日 19:09 ]

大阪市の超高層ビル・あべのハルカスの展望台で実写版ディズニー映画「アラジン」主題歌「ホール・ニュー・ワールド」熱唱イベントに、吹き替え版でジャスミン役を務めた木下晴香とともに参加したアラジン役の中村倫也
Photo By スポニチ

 俳優の中村倫也(32)が27日、大阪市の超高層ビル・あべのハルカスの展望台で実写版ディズニー映画「アラジン」(監督ガイ・リッチー、6月7日公開)の主題歌熱唱イベントに参加した。

 日本語吹き替え版で主人公・アラジンの声だけでなく、音楽も吹き替えた。この日は、空飛ぶ絨毯(じゅうたん)に乗る設定にあやかり、日本で空に一番近い場所として高さ300メートルを誇る同ビルが会場に。名曲「ホール・ニュー・ワールド」をジャスミン役の女優・木下晴香(20)とともに歌い上げ、「気持ちよかったですね」と笑顔を浮かべた。

 ただ、会場設定については、ちょっと一言言いたかったよう。「ボクが高所恐怖症と聞きつけて、高いところに高いところに…っていうことなんじゃないでしょうか」と苦笑い。ただ、背景のイラストに太陽の塔や同ビルが画かれているのを発見し、最後は「大阪を飛んだね!」と満更でもなさそうだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年5月27日のニュース