元KARAのク・ハラ、自殺未遂を謝罪「いろいろなことが重なり、心がつらくなった」

[ 2019年5月27日 18:55 ]

元KARAのク・ハラ
Photo By スポニチ

 26日未明に韓国ソウル市内の自宅で意識を失った状態で発見された、16年に解散した韓国女性グループ「KARA」のメンバー、ク・ハラ(28)が27日、関係者を通じてコメントを発表した。

 「皆様、このたびはご心配おかけして、お騒がせしてしまい大変申し訳ありません。体調は回復してきています」と報告。「いろいろなことが重なり、心がつらくなってしまいました。本当にごめんなさい」と告白した。

 「これからは心を強くしてまた元気な姿を見ていただけるよう努力します。このたびは本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 ハラは26日未明に自殺を図ったとみられ、救急搬送された。命に別条はなく、その後、意識は回復した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年5月27日のニュース