カンヌ国際映画祭 韓国映画に初のパルムドール「特別な冒険だった」

[ 2019年5月27日 05:30 ]

カンヌ国際映画祭で作品が最高賞パルムドールを受賞したポン・ジュノ監督
Photo By ゲッティ=共同

 第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で25日、韓国のポン・ジュノ監督(49)の「PARASITE」(英題)がパルムドール(最高賞)に輝いた。韓国映画として初の最高賞に、ポン監督は「この作品は特別な冒険だった。素晴らしい俳優がいなかったら撮れなかった。本当にありがとう」と喜びをかみしめた。

 「PARASITE」は、全員失業中の家族の長男が期待を背負って資産家の家庭教師の面接を受けに行くことに端を発する悲喜劇で、ソン・ガンホ(52)が主演。21日の公式上映では、10分にも及ぶスタンディングオベーションが送られた。審査委員長のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督(55)も、「見た瞬間に魅了され、満場一致で選んだ」と絶賛した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年5月27日のニュース