長澤まさみ 降旗康男さんを追悼「貴重な経験を忘れぬよう胸に」

[ 2019年5月27日 14:08 ]

長澤まさみ
Photo By スポニチ

 20日に肺炎のため84歳で死去した映画監督の降旗康男さんの訃報に接し、遺作となった映画「追憶」(17年公開)に出演した女優の長澤まさみ(31)が27日、追悼コメントを寄せた。長澤は主人公の刑事・四方篤(岡田准一)と別居中の妻・美那子を演じた。

 以下、長澤のコメント。

 映画「追憶」でお仕事をさせて頂いた事、とても貴重な経験となりました。映画の真髄を降旗監督から現場で教わりました。短く丁寧で力強い言葉で演出を受け、その場面に自分の身を投じる。映画とは何かを降旗監督、木村大作キャメラマンに教えて頂きました。貴重な経験をさせて頂いた事忘れぬよう胸にしまい芝居に励んでいきたいと思います。

 ご冥福をお祈り致します。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月27日のニュース