「THE RAMPAGE」公演に兄貴分の「GENERATIONS」がサプライズ出演

[ 2019年4月24日 22:04 ]

THE RAMPAGEのライブに飛び入りするGENERATIONS
Photo By 提供写真

 EXILE TRIBEの16人組「THE RAMPAGE」が24日夜、全国ツアーのさいたまスーパーアリーナ公演を行い、兄貴分の7人組「GENERATIONS」がサプライズ出演した。

 公演のラストに告知なく7人がステージに加わると、悲鳴に似た歓声が湧き起こった。両グループを含む「Jr.EXILE」の計4組による共演プロジェクト「BATTLE OF TOKYO」のキックオフ。ジェネ&ランペで共演曲「SHOOT IT OUT」を初披露し、ジェネの数原龍友(26)は「Jr.EXILE、ここから本格的に始動します。僕らのスピードに置いていかれないように、ついてきてくれますか?7月のBATTLE OF TOKYO、間違いなく最高のライブになると思います」と呼びかけた。

 数原は公演前の取材に「普段からみんな近い距離で接している部分もあるので、パフォーマンスは一体感が凄くあるなと思う。お互いのグループの全く違う2つの色が混ざり合った化学反応が見どころ」と、弟分との共演が楽しそうな様子を見せていた。
 7月3日に4組の共演アルバム「BATTLE OF TOKYO~ENTER THE Jr.EXILE~」を発売する。同4~7日に千葉・幕張メッセで4組がジョイント公演を開催する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月24日のニュース