水森かおり“令和でも紅白”、長野・伊那市で桜の若木植樹

[ 2019年4月24日 04:00 ]

新曲「高遠 さくら路」の舞台となった長野県伊那市の桜の名所・高遠城址公園を訪れ桜の若木を植樹した水森かおり
Photo By 提供写真

 「ご当地ソングの女王」の異名を取る演歌歌手の水森かおり(45)が23日、最新曲「高遠 さくら路(みち)」のキャンペーンを歌の舞台、長野県伊那市で行った。

 日本三大桜の名所と呼び声の高い高遠城址(じょうし)公園を訪れ、桜をモチーフにしたロングドレスで桜の若木を植樹。「5月から元号も変わる中、後世に自分が存在した証が残っていくのは幸せ」と笑顔。17回連続出場が懸かるNHK紅白歌合戦について「令和最初の大舞台に立ちたい」と意欲を見せた。伊那市観光大使も委嘱され「高遠の桜の素晴らしさを全国に分かってもらえるような一年になれば」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月24日のニュース