米津玄師 初の映画主題歌、6月公開アニメ作品「海獣の子供」で書き下ろし

[ 2019年4月24日 08:23 ]

初めて映画主題歌を手掛ける米津玄師
Photo By 提供写真

 シンガー・ソングライター米津玄師(28)が6月7日公開のアニメ映画「海獣の子供」の主題歌を手掛けることになった。映画主題歌は初めて。書き下ろしの新曲「海の幽霊」を提供する。

 映画の原作は、五十嵐大介氏の同名漫画。中学生の少女が不思議な少年との出会いをきっかけに、海に宿る生命の秘密に触れていく海洋冒険物語。主人公の声を芦田愛菜(14)が担当する。

 米津がイメージソングを担当した特別展「ルーヴルNo・9~漫画、9番目の芸術~」(16年)に五十嵐氏が参加して以来、2人は親交がある。「いつか一緒に」と望む中で絶好の機会が訪れ、五十嵐氏は「来るべきものが来たような、不思議な高揚を感じました」と感激した。

 10代の頃に原作を読んでいた米津は「原作が持ってるものに負けないよう、それでいてうまく寄り添えるようなものが、果たして自分に作れるのかと、ここ数カ月は問答の日々でした。今は映画館で流れる日を楽しみにしています」と、自信作に仕上がったようだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月24日のニュース