吉田明世アナ、歯の矯正に100万円 決断裏にTV局試験での言葉 有吉「そんなこと許されるの?」

[ 2019年4月24日 12:07 ]

フリーの吉田明世アナウンサー
Photo By スポニチ

 元TBSでフリーの吉田明世アナウンサー(31)が23日放送のフジテレビ「レディース有吉」(火曜後10・00)に出演。女性アナウンサーの歯の矯正事情を明かした。

 吉田によると、女性アナウンサーすべてが歯の矯正をしているわけではないが、自身は「(TBSの)内定をもらった時点で一応しました」と説明。入社してから矯正を始めるアナウンサーもいるといい「(器具が)ベロに当たって血だらけになる。痛くて泣きながら研修を受けている子もたくさんいた」と振り返った。

 会社の補填はないため、費用は全額自分持ち。吉田は「100万円以上かかりました」と打ち明けたが、なぜ矯正をしたのか。もともと八重歯があったが、それでも少し気になる程度。そんな時、テレビ局での入社試験の際、担当者から「その歯はどうするつもりですか?」と尋ねられたことが、きっかけになったという。

 「テレビ局の方って歯を気にされるんだなって思った」と吉田。この局員の発言に対し、MCの有吉弘行(44)が「そんなこと言うのは許されるの?今時」と驚いたが、吉田は「今はもしかしたらダメかもしれないですね。でも10年くらい前なので」と答えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月24日のニュース