渡辺謙で「逃亡者」リメーク 初の医師役、テレ朝60周年ドラマ

[ 2019年4月24日 05:00 ]

テレビ朝日のドラマスペシャル「逃亡者」に主演する渡辺謙
Photo By 提供写真

 俳優渡辺謙(59)がテレビ朝日開局60周年記念のドラマスペシャル「逃亡者」に主演する。米ドラマ、映画の「逃亡者」を同局が日本で初めて完全リメーク。今年度中に2夜連続で放送する。

 妻殺害の無実の罪を着せられた医師が、警察から逃亡しながら真犯人を追う物語。63~67年に放送された米ドラマは最終回を当時の米最高記録となる7800万人が視聴、ハリソン・フォード(76)が主演した93年の映画も大ヒットした。

 今回の日本版は、東京五輪を控えた日本を舞台にして物語を再構築する。出演依頼を受けた渡辺は「こう来たか!」と胸を躍らせた。追跡劇とミステリーが交錯する台本を一気に読み上げ「生命力を描いた人間ドラマとアクションの両輪をお楽しみいただけるドラマになる」と期待した。

 医師役は初めて。「“生命の重さ”を知る主人公が、自らの命をどう生き抜いていくか、そこに執着していきます。僕自身の“生命力”も試されていくドラマになる気がしてなりません」と撮影を楽しみにしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月24日のニュース