勝俣州和 ブレークきっかけをくれた大御所 衝撃の“絡み”に芸能界がザワつく

[ 2019年4月24日 12:04 ]

タレント勝俣州和
Photo By スポニチ

 タレントの勝俣州和(53)が23日放送のテレビ東京「チマタの噺」(火曜深夜0・12)に出演。芸能界で自身の名前が広まるきっかけを作ってくれた大物芸能人の存在を明かした。

 まだレギュラー番組が1本しかなかった若手時代、とんねるずの番組で奮闘する姿を見た女優の泉ピン子(71)から手紙が届いたという。ピン子とは「一度も会ったことがなかった」が、文面には「毎回毎回一生懸命やるあなたのことが素敵で、私はとても応援してます。いつになるか分かりませんけど、共演できる日を楽しみにしていますね。だから毎日頑張ってください」と励ましの言葉であふれていた。

 この5年後、ついに共演。本番前にあいさつに出向くと、ピン子からは「よく来た。何を言ってもいい。お前の思い通りにやってくれ」と背中を押され、「泉さんにめっちゃツッコめたんですよ」と思い通りの結果を出したことを振り返った。

 当時からピン子にツッコめる芸能人は少なく、「『勝俣ってなんだ?』って芸能界がザワついて。それから色んな人と絡むようになって芸能界で“勝俣”っていう位置ができたんですよ」とブレークのきっかけを作ってくれた恩人に感謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月24日のニュース