岡田健史 CM起用で初の1人での記者発表に「緊張」令和元年の目標は「レベルアップ」

[ 2019年4月24日 15:58 ]

初めて1人で記者発表に臨んだ岡田健史
Photo By スポニチ

 昨年、俳優デビュー作のTBSドラマ「中学聖日記」でいきなり有村架純(26)の相手役を務めてブレークした岡田健史(19)が「イオンのほけん相談」のCMに起用され、24日、都内で発表会に出席した。

 1人で記者発表に臨むのは初めてで「緊張しています」と率直な思いを吐露。令和元年にチャレンジしたいことを聞かれ「レベルアップ。平成最後の2018年よりも令和元年になる2019年の自分の方がレベルアップしていたい。令和元年に限らず、この意識で頑張っていきたい」と熱く語った。

 保険については「今年、20歳になるので、保険のことを親に任せきりではいけないなと考えていた。そのタイミングで今回のお話をいただいた」と、しっかりとした一面ものぞかせた。CMは営業が終了したイオンモールで深夜に行い「眠い中で頑張られているスタッフの皆さんの思いに応えたかった」と終始、優しい人柄がにじみ出ていた。CMは26日からスタートする。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月24日のニュース