ミキ昴生「真剣に獲りに行く」 上方漫才大賞ノミネート発表

[ 2019年3月18日 11:58 ]

 「第54回上方漫才大賞新人賞」にノミネートされた(前列左から)アルミカン、たくろう、マルセイユ(後列左から)さや香、からし蓮根、ネイビーズアフロ、ミキ
Photo By スポニチ

 「第54回上方漫才大賞」の奨励賞・新人賞のノミネート発表会見が18日、関西テレビで開かれた。新人賞候補7組に選ばれたミキは4月から東京へ進出。「真剣に(新人賞を)獲りに行きたい」と兄の昴生(32)がV宣言した。

 新人賞候補にあがったアルミカン、からし蓮根、さや香、たくろう、ネイビーズアフロ、マルセイユの6組とともに会見の舞台に上がったミキ。他のライバルたちが抱負を語る度に横やりを入れ、それぞれの持ちギャグを引き出すなど、MCばりに場を盛り上げ、観客を笑わせた。

 新人賞候補では、アルミカン・高橋沙織(30)が「紅一点、世の女性すべてを背負って頑張ります」。からし蓮根・杉本青空(25)は「子供がそろそろ生まれるんで、何としても(新人賞を)獲りたい」と意欲。相方の伊織(25)は「大好きな西野カナさんが結婚される。おめでとうございます。ファン一同幸せです」と笑わせた。

 奨励賞候補にはアインシュタイン、アキナ、かまいたち、ジャルジャル、なすなかにしの5組がノミネートされた。新人賞、奨励賞は4月13日に関西テレビ、ラジオ大阪の生放送(後3・00)で漫才を披露して決定。また、大賞は当日、発表される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月18日のニュース