野球漫画名作「キャプテン」続編 「グランドジャンプむちゃ5月号」で連載

[ 2019年3月19日 00:00 ]

コージィ城倉氏が手掛ける「キャプテン2」(C)ちばあきお・コージィ城倉/集英社
Photo By 提供写真

 故ちばあきおさんが1970年代に描いた野球漫画の名作「キャプテン」の続編「キャプテン2」が、来月24日発売の漫画誌「グランドジャンプむちゃ5月号」(集英社)から連載される。作画、物語ともに「グラゼニ」「江川と西本」などの野球漫画で人気のコージィ城倉氏が担当する。

 「キャプテン」は、墨谷二中野球部を歴代主将に焦点を当てて描くスタイル。4代目主将の近藤が、春の選抜大会を戦い終えたところで最終回を迎えていた。

 城倉氏は、終盤の展開から「近藤が“脱体育会系”ともいえる、これまでの主将にない価値観でチーム作りを考えているようだった」と分析する。だが、それを描き切る前に終わった印象もあり、城倉氏は「ちば先生の思いを受け継ぎ、自分なりに昇華したい」と意気込んでいる。ちば氏の遺族らと話し合いを進めている。

 「キャプテン」には、墨谷二中の初代主将・谷口が墨谷高で野球を続けるスピンオフ作品「プレイボール」があり、城倉氏は17年から「グランドジャンプ」でこちらの続編となる「プレイボール2」を執筆中。谷口が3年生に進級した直後に終わった物語の続きを描いている。ちば氏のタッチに似せており、ファンからは「そっくり」との声が上がっている。

 今後も「プレイボール2」の連載は続き、城倉氏は「キャプテン2」と同時に執筆していくことになる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月18日のニュース