坂上忍 薬物事犯の量刑「初犯なら執行猶予が当たり前ってどうなの?」

[ 2019年3月18日 14:16 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(51)が18日、MCを務めるフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反(使用)などの容疑で逮捕された、音楽ユニット「電気グルーヴ」のミュージシャンで俳優のピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)について言及した。

 瀧容疑者の量刑に関連し、坂上は「僕みたいな素人がいうのは生意気なんですが、初犯なら執行猶予が当たり前みたいなのってどうなの?って思っちゃう」と持論を語った。今回の瀧容疑者は、自己使用目的かつ初犯であるため、「懲役1年6月、執行猶予3年」が妥当との見方がある。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月18日のニュース