内田裕也 誇りにしていたあの人たちとの親交「あなた何もしてないじゃない」で発奮

[ 2019年3月18日 06:10 ]

内田裕也さん死去を報じる18日付スポニチ1面
Photo By スポニチ

 ロック歌手で映画俳優としても活躍した内田裕也(うちだ・ゆうや、本名内田雄也)さんが17日5時33分、肺炎のため、東京都内の病院で死去した。79歳。兵庫県西宮市出身。17年11月に脱水症状で倒れてから車椅子生活を余儀なくされていた。18年9月15日に妻で女優の樹木希林さん(享年75)に先立たれ、喪失感が消えない中での死となった。

 裕也さんが何よりの誇りにしていたのが、故ジョン・レノンさんとその妻オノ・ヨーコ(86)、そして故松田優作さんとの親交だった。

 ジョン&ヨーコとは73年に米で対談してから親交。ヨーコの「あなた何もしてないじゃない」の叱咤(しった)が後の映画進出の原動力になった。ヨーコは都知事選立候補時の裕也さんに「あら、バカね」と言ったという。優作さんとは気の合う飲み友達だった。「ブラック・レイン」(1989年公開)の撮影中、優作さんが主演のマイケル・ダグラス(74)を連れて、ロケバスの中で誕生日を祝ってくれたのが自慢だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月18日のニュース