藤原竜也「兄が赤い玉見た」未確認生物に興味も共演者は「大丈夫?」

[ 2015年9月24日 19:43 ]

映画「探検隊の栄光」の完成披露試写会で、ツチノコを手に笑顔を見せる(左から)岡安章介、川村陽介、田中要次、藤原竜也、小澤征悦、佐野ひなこ

 俳優の藤原竜也(33)が主演映画「探検隊の栄光」(10月16日公開)の完成披露上映会に出席した。

 藤原演じる落ち目の俳優・杉崎とテレビ番組のクルーが「杉崎探検隊」として秘境の地を舞台に伝説の未確認生物(UMA)・ヤーガを探し“撮影”に臨む姿をユーモラスに描いた物語。藤原は「いい意味でくっだらない映画を撮りましたので、楽しく笑って帰ってもらいたい」観客にアピールした。

 しかし撮影は過酷を極め、地元の人は立ち寄らない洞窟で撮影。同所を不審に思った藤原が共演の小澤征悦(41)に「犬を連れていたご夫婦に“ここで事故みたいなことあったんですか?”と聞いてもらったんだけど、ご婦人が『事故っていうかね~』って(意味深に)言ったまま帰っていった」というエピソードを披露。一抹の不安が残る撮影だったことを明かした。

 また、藤原は未確認生物について聞かれると「常に興味あります」と語り、「最近、僕の兄が自分の車と並走する信号くらいの赤い玉を見たって」と告白すると、共演者が一斉に大丈夫かと心配し、会場の笑いを誘った。

 またイベントでは、体長約2メートルのツチノコが見つかり?!共演者みんなで写真撮影する一幕もあった。

 他に田中要次(52)、川村陽介(32)、佐野ひなこ(20)、「ななめ45°」の岡安章介(36)、山本透監督が出席した。

((了))

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年9月24日のニュース