MX「5時夢」乳がん治療の北斗晶の代役立てず 復帰待つ

[ 2015年9月24日 10:15 ]

乳がんを告白した北斗晶

 乳がんを患ったことを公表し、入院した元女子プロレスラーでタレントの北斗晶(48)が火曜コメンテーターを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)について、同局は24日、北斗の代役は立てず、復帰を待つとした。当面は毎週ゲストを呼ぶ形になる。

 火曜コメンテーターは北斗と岡本夏生(50)が担当。北斗は22日の「5時夢」生出演を最後に仕事を一時休止。病気のことを出演者には誰一人として知らせず務め上げ、生放送終了後、MCふかわりょう(41)らに報告した。

 23日のブログで「それは、悲しい番組じゃないからです。私が癌だと生放送前に知ったら…昨日が最後だと知ったら…長年共にやってきたメンバーが泣くからです。いつもハチャメチャな番組を楽しみにしてくれている視聴者の皆さんにも、いつも通りゲラゲラ生放送を見て笑ってほしかったからです」と理由を説明。「言えなかったじゃなく、言わなかったのです。『さよなら』を言ったら…本当にお別れになってしまう気がしたので」とした。

 ふかわは23日の番組冒頭、北斗の入院を報告。「番組として、また北斗さんに笑顔で会えることを信じて待っていたいと思います。皆さんも北斗さんへの応援メッセージ、よろしくお願いします」とエールを送り、回復を祈った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年9月24日のニュース