ラグビーW杯スコットランド戦は15・0% 瞬間最高20・3%

[ 2015年9月24日 09:20 ]

<日本・スコットランド>スコットランドに敗れ、肩を落とす日本フィフティーン

ラグビーW杯イングランド大会1次リーグB組 日本10―45スコットランド

(9月23日 グロスター)
 23日に日本テレビで放送されたラグビーW杯「日本×スコットランド」(後10・15~前0・25)が平均15・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、深夜に及ぶ時間帯ながら高視聴率を記録したことが24日、分かった。瞬間最高視聴率は午後11時7分の20・3%。7―12の前半32分、相手陣内の場面だった。

 19日に優勝候補の南アフリカ戦から大金星を挙げた世界ランキング11位の日本は同12位のスコットランドに10―45で敗れた。初戦から中3日の日本に対し、スコットランドはこの試合が初戦。圧倒的不利な条件での一戦で、伝統国の壁は越えられなかった。前半は強豪相手に7―12と食い下がったものの、後半は敵陣に攻め入りながらミスでターンオーバーを許すなど失点を重ねた。(視聴率は日報値。午前0時30分までの5分延長分は反映されていない)

 また、20日に日本テレビで放送されたラグビーW杯「日本×南アフリカ」(後1・15~3・00)は平均視聴率4・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。20日午前0時45キックオフの地上波生中継はなく、ディレードハイライトだった。

 日本代表は現地時間19日、1次リーグB組初戦で世界ランキング3位の南アフリカと対戦し、34―32で逆転勝利。W杯史上最大の下克上を起こした。3点差の試合終了間際に途中出場のWTBカーン・ヘスケス(30=宗像サニックス)が逆転トライ。オーストラリア出身のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(55)と勇敢な31人の選手が世界と日本のラグビー史にその名を刻んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2015年9月24日のニュース