ゆるキャラGP「みきゃん」暫定首位 史上初2体選出県へ愛媛一丸

[ 2015年9月24日 05:30 ]

中間発表1位になった「みきゃん」と中村知事

 全国のご当地キャラが人気を競う「ゆるキャラグランプリ2015」の中間順位が23日、名古屋市のイベントで発表され、愛媛県のイメージアップキャラクター「みきゃん」が約105万票で暫定首位となった。イベントでは熊本県の「くまモン」、愛媛県の「バリィさん」など歴代優勝者4体が愛らしい動きで会場を盛り上げ、16年の開催地が松山市に選ばれたことも発表された。

 愛媛県の中村時広知事は、みきゃんと一緒に駆け付け「食べ物もおいしく、見どころも多い。愛媛県らしいおもてなしを考えたい」と意気込みを語った。

 みきゃんは犬がモチーフで、県特産品のみかんを上下に重ねたような形に、ハート形の鼻、みかんの花の形をしたしっぽが特徴。12年には847位と惨敗したが、13年には11位、昨年は3位と順位がアップ。今年は優勝を狙って、各地で記念撮影会を行い投票を呼び掛けるなどアピールを続けている。

 愛媛県では12年に今治市の観光キャラクターのバリィさんがグランプリに輝いており「日本初のグランプリ2体選出県を目指している」(県担当者)と県一丸となってのみきゃん推し。本人も関係者を通じ「てっぺん目指してがんばるけーん」と意気込んでいる。

 イベントに出席したバリィさんも自身のツイッターで、順位発表を実況中継。「ベスト1はみきゃん!」と記すなど、後方支援を忘れなかった。

 実行委員会によると、5回目になる今年は過去最高の1727体がエントリー。11月16日までネット投票が行われ、上位100体による決選投票は11月21~23日、浜松市で行われる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年9月24日のニュース