「国際報道2015」番組冒頭で黒木奈々さん悼む「残念でなりません」

[ 2015年9月24日 22:09 ]

32歳の若さで亡くなった黒木奈々さん

 胃がんのため19日に亡くなったフリーアナウンサー、黒木奈々(くろき・なな)さん(享年32)がキャスターを務めていたNHKBS1の「国際報道2015」(月~金後10・00)が24日放送され、コンビを組んでいた有馬嘉男キャスターが追悼した。

 有馬キャスターは取材先の南アフリカから中継を結び番組冒頭で、黒木さんの訃報に触れ「残念でなりません。黒木さんの番組に懸けた情熱、番組を通して伝えようとしたことをしっかり引き継いで今後の放送に生かしていきたいと思っています。ご冥福を心から祈ります」と悼んだ。

 黒木さんは昨年4月の同番組スタート時から有馬キャスターとコンビで出演、昨年夏に胃がんが見つかった。療養後の今年1月4日に1日限定復帰し、3月30日からは同番組に週1回出演していたが7月13日の放送を最後に休養、今月19日に死去した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年9月24日のニュース