×

元西鉄外野手の高橋二三男さん死去 73歳

[ 2022年1月22日 21:13 ]

高橋二三男さん(2008年撮影)
Photo By スポニチ

 西鉄、ロッテなどで外野手として活躍した高橋二三男(たかはし・ふみお)さんが21日に死去した。22日、西武が発表した。73歳。大阪府出身。

 通夜は23日午後6時から、葬儀・告別式は24日午後2時から、いずれも福岡県福岡市中央区警固3丁目1―7のメモリード福岡で行われる。喪主は妻佳子(よしこ)さん。

 高橋さんは大阪・大鉄高(現・阪南大高)から社会人の鐘紡、新日鉄広畑を経て、1970年ドラフト会議で西鉄から1位指名を受けてプロ入り。1年目から118試合に出場し、22盗塁を記録した。76年にロッテへ移籍し、79年シーズン限りで現役を引退した。通算成績は491試合出場で255安打、7本塁打、51打点、45盗塁、打率・243。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月22日のニュース