オリ・宮内オーナー イチロー氏には「まだ退任を言ってない」 現在も続く交流「野球少年が立派に育った」

[ 2022年1月22日 05:30 ]

1996年2月24日、宮古島キャンプを視察に訪れ、イチロー(左)の練習を見守った宮内オーナー
Photo By スポニチ

 オリックス・宮内オーナーは親交があるイチロー氏(マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)について「コロナで連絡が途絶えていまして、まだ(退任決断を)言っていないです」と明かした。

 01年にマリナーズへ移籍し世界的スターとなった後も、コロナ前まではオフに会食するなど交流を続けてきた。「彼が入ってきて、2軍で打撃練習していた時から鮮明に覚えています。野球少年が立派に育った。義理堅い人間。まだ若いですし、いろいろなとこで活躍してほしい」と期待した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月22日のニュース