×

レイズ 求めていた「ダブル本拠地制」MLBから却下

[ 2022年1月22日 05:30 ]

 レイズは、球団が求めていた「ダブル本拠地制」を大リーグ機構に却下されたと発表した。

 観客動員の低迷により、現在の本拠地フロリダ州セントピーターズバーグに加え、カナダのモントリオールでも主催試合を開催する案を模索。だが、地元市長の賛同を得られず27年までは現在の球場でプレーすることが決まっていた。球団はスチュワート・スターンバーグ筆頭オーナーが失望しているとの声明を出した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年1月22日のニュース