阪神・高橋300万円アップも「ちょっとしか投げていない…」左肘手術から来季のフル回転誓う

[ 2021年12月9日 15:00 ]

更改を終え、会見する阪神・高橋遥人
Photo By 代表撮影

 阪神の高橋遥人投手(26)が9日、西宮市内で契約更改を行い300万円アップの年俸3200万円でサインした(金額は推定)。

 故障で出遅れ9月まで初昇格が遅れながら2試合連続完封勝利を挙げるなど、優勝争いしを繰り広げたチームに貢献し4勝2敗、防御率1・65。クライマックスシリーズ・ファーストステージでは初戦のマウンドを任された。「先発、中継ぎ、抑え、みんなが疲労している中で、長いイニングを投げられたというところは良かったかなと思うんですが、ちょっとしか投げていないので、それぐらいしなきゃなって感じ」。

 11月には左肘のクリーニング手術を受け、来季の開幕に間に合うかは微妙な状況も「まだ開幕に間に合うかどうかは分からないですけど、(1軍に)上がったら絶対最後まで投げきる。来年は優勝争いをするというところで、最初からチームの力になれるようなシーズンにしたい」と柱としてのフル回転を誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年12月9日のニュース