×

エンゼルス大谷 スポイラ誌年間最優秀選手に選ばれず MLBネットワーク記者「私の中では選択肢」

[ 2021年12月9日 05:30 ]

エンゼルスの大谷翔平
Photo By スポニチ

 米国のスポーツ・イラストレーテッド誌が毎年選出する年間最優秀選手「スポーツパーソン・オブ・ザ・イヤー」が7日(日本時間8日)に発表され、エンゼルスの大谷は選ばれず、NFLで今年2月に自身7度目のスーパーボウル制覇を達成したQBトム・ブレイディが16年ぶり2度目の受賞。これを受け、MLBネットワークのジョン・ヘイマン記者が自身のツイッターで「私の選択は大谷翔平だった」と投稿するなど物議を醸す結果となった。

 一方、インターネットで年間検索数が前年と比べて最も増えた人物などを表彰する「Yahoo!検索大賞2021」では大賞に輝き「アスリート部門」とのダブル受賞。グーグルが発表した今年の検索ランキングでも「スポーツ選手」「話題の人」の両部門でトップだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月9日のニュース