×

阪神・西勇&西純 継続していた寄付活動で初めて子どもたちと交流、地道に活動続ける意義を再確認

[ 2021年12月9日 05:30 ]

「ハピネスこども食堂」を訪問した西勇(左)と西純(球団提供)
Photo By 提供写真

 阪神の西勇輝投手(31)と西純矢投手(20)が、京都市の「ハピネスこども食堂」を訪問。18年から日本財団への寄付活動を継続してきたなか、初めて子どもたちとの交流を実現させた。

 「初めて実際の現場にうかがうことができ、子どもたちと触れ合い、現場のスタッフさんたちとお会いすることでやっとその輪の中に入れた気がしました」。地道に活動を続ける意義を再確認した右腕。同じく、初めて子どもたちと交流した西純は「ちょっとずつでもいいので、そういうことに対して貢献をやっていきたい」と新たな目標に据えた。

 日本財団が手掛ける「子ども第三の居場所」は、困難に直面している子どもたちが安心して過ごせる環境づくりを提供。将来の自立に向けて生き抜く力を育むことを主眼に、サポートしている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月9日のニュース