侍ジャパン・井端弘和コーチが東都開幕戦で始球式「足が震えました」

[ 2021年9月13日 09:51 ]

<東都大学野球 日大・国学院大>始球式を行う侍ジャパンの井端コーチ(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 東京五輪で金メダルを獲得した侍ジャパンの井端弘和コーチが、神宮球場で行われた東都大学秋季リーグ戦の開幕戦、国学院大―日大戦で始球式を務めた。

 切れのいいボールをミットに収めると「さすがに足が震えました。何もやっていなかったけど、良かったと思います」と振り返った。

 亜大OBの井端コーチは「東都は日本一のリーグだと思っている。上で(野球を)やってほしい」とエールを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月13日のニュース