×

ブルワーズ2投手継投でノーノー達成 メジャー新記録シーズン9度目

[ 2021年9月13日 02:30 ]

インターリーグ   ブルワーズ3-0インディアンス ( 2021年9月11日    クリーブランド )

無安打無得点を達成した先発のバーンズ(左)と2番手のヘイダー(右)(AP)
Photo By AP

 ブルワーズが2投手の継投で無安打無得点を達成した。先発のバーンズは、6回まで完全投球。8回を終え球数115球で降板し、9回はヘイダーが3者凡退に抑えた。

 今季の無安打無得点試合は9度目でメジャー史上最多。10勝目のバーンズは「あの状況なら誰だって投げたいが、誰かに達成を任せるならヘイダー」とした。8回まで無安打で交代した投手は74年アストロズのD・ウイルソン以来メジャー史上3人目だが、以前の2人はともに失点があり、8回無安打無得点降板はメジャー史上初。一方のインディアンスはシーズン3度目の無安打無得点を喫するメジャーワースト記録となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月13日のニュース