巨人・長嶋終身名誉監督が不調の中田をマンツーマン指導 「構え」と「腰を強く回す意識」伝える

[ 2021年9月13日 16:22 ]

巨人の長嶋終身名誉監督に指導を受ける中田(球団提供)
Photo By 提供写真

 巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(85)が13日、川崎市のジャイアンツ球場を訪れ、2軍で再調整している中田翔内野手(32)にマンツーマン指導を行った。

 中田は、巨人へトレード移籍後は、16試合に出場し40打数6安打、打率・150と低迷。11日に出場選手登録を抹消された。この日の午前中に、長嶋氏は身振り手振りを交えて、中田に打撃指導を実施。「結果が出ていない姿を心配して駆け付けたが、心配いらないね。しっかりと良い姿勢で構えることと、腰を強く回す意識を伝えました。きっと近いうちに、東京ドームで中田選手の特大ホームランが見られると思うよ」と球団を通じてコメントし、復調を期待していた。

 指導を受けた中田も「僕のために時間を作っていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。しっかり結果で恩返しができるように今後も継続して精進して参ります」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月13日のニュース