帝京・金田監督 初陣白星「“絶対に優勝だ”と選手、自分自身に言い聞かせています」

[ 2021年9月13日 05:30 ]

秋季高校野球東京大会ブロック予選1回戦   帝京12―0都八丈 ( 2021年9月12日    帝京 )

<帝京・都八丈>満塁本塁打を放った小島(左)と5回無安打投球の高橋蒼
Photo By スポニチ

 帝京は今秋から指揮を執る金田優哉監督の下、都八丈に12―0で5回コールド勝ちし、初陣を飾った。甲子園通算51勝を誇る前田三夫前監督の下、11年からコーチを務めて経験を積んだ36歳の新指揮官は「責任を感じている。このタイミングで弱くなれば帝京は落ちてしまう。“絶対に優勝だ”と選手、自分自身に言い聞かせています」と決意を語った。

 エースで最速140キロの高橋蒼人(1年)は先発し、5回参考ながら無安打投球で新チームの船出を勝利で飾った。日本ハム・吉田に憧れる右腕は54球中、52球も直球を投じる強気な攻めで8三振を奪ったが「もっと高みを目指さないと、センバツを狙えない」と表情を引き締めた。

 今夏は背番号18で東東京大会4強入りに貢献した。約1週間前にはシート打撃でレギュラー陣をねじ伏せ、名取寛英主将に「自分の球を打てないのではセンバツなんて無理だ」と甲子園への思いをぶつけた熱血漢。「初めての大会で(監督を)大舞台につれていきたい」と11年夏以来の甲子園出場を狙う。(柳内 遼平)

 《1番小島満弾 4安打5打点》「1番・三塁」で出場した小島慎也(2年)が4安打5打点。身長1メートル73の左打者は第1打席から3打席連続で二塁打を放つと、5回は右越えに高校通算9号となる満塁弾でコールド勝ちを決め「チームに勢いをつけたかった」と振り返った。金田監督が「打撃は良いものを持っている」と評するリードオフマンは「夏に甲子園に行けなかったので、自分たちの代で行きたいです」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月13日のニュース