阪神2軍の勢い止まらない!!連勝記録さらに更新18連勝 栄枝が決勝打「狙い通り捉えた」

[ 2021年9月13日 05:30 ]

ウエスタン・リーグ   阪神6ー2広島 ( 2021年9月12日    甲子園 )

<ウエスタン神・広>18連勝で連勝記録を更新し、笑顔を見せる平田2軍監督(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神2軍はウエスタン・リーグの広島戦に逆転勝ちし、ファームの連勝記録を「18」に伸ばした。

 1点を追う5回1死二、三塁、栄枝が3ボールから右腕・中村祐の真っすぐを捉え、左中間へ逆転の2点三塁打。続く遠藤が一塁内野安打で3点目を呼び、2死後、北條が左翼へ2ラン。9人攻撃で5点を奪う猛攻で勢いを見せつけた。決勝打の栄枝は「甘い真っすぐが来たら絶対に打ってやろうという気持ちでした。狙い通り、捉えることができて良かった」とうなずいた。

 1軍と2軍の違いはあるが、54年南海と60年大毎の最多連勝記録18にも並んだ。平田2軍監督は「ほんとにね、選手には頭が下がるな。(5回は陽川の)四球から5点。野球の怖さを感じさせるゲーム」と振り返った。

 14日からはゲーム差なしで首位争いする2位ソフトバンクと直接対決3連戦(甲子園)が控える。18年以来、3年ぶりのウエスタン・リーグ優勝へ、残り12試合も負けるつもりは毛頭ない。

 《メジャーでは26連勝》阪神2軍がウエスタン・広島戦に勝利。7月30日から継続中のファーム最多連勝記録を18に更新した。1軍で54年南海と60年大毎が記録している、プロ野球最多連勝に並ぶ数字となった。大リーグでは1916年ジャイアンツの26連勝が最多。2017年にインディアンスが歴代2位の22連勝を記録している。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月13日のニュース