大阪桐蔭 2年生・川原が“第3の男”に名乗り 6回5安打9K2失点 西谷監督も評価

[ 2021年5月23日 05:30 ]

春季高校野球近畿大会 1回戦   大阪桐蔭7―5綾羽 ( 2021年5月22日    皇子山 )

<綾羽・大阪桐蔭>先発登板する大阪桐蔭・川原(撮影・後藤正志)
Photo By スポニチ

 春季近畿大会が開幕し、大阪桐蔭は綾羽を7―5で下し、準決勝に進出した。先発した川原嗣貴(しき・2年)が6回2失点の好投で今秋ドラフト候補の松浦慶斗、関戸康介(ともに3年)に続く“第3の男”に名乗りを上げた。

 大阪桐蔭の投手陣は松浦、関戸だけじゃない。春季大会からベンチ入りした川原が近大付との府大会決勝の7回零封に続く快投で存在をアピールした。

 試合前のメンバー発表で先発を告げられ、「やるぞと気合が入った」という。DeNAスカウトのスピードガンで最速139キロ止まりでも、1メートル88の長身から角度ある直球とスライダー、カーブ、スプリットなどを駆使して5安打に封じ、9三振を奪った。

 西谷浩一監督は「経験を積ませたかった。要所でうまく、丁寧に投げていた」と評価。今春選抜では智弁学園との1回戦で松浦、関戸の左右の二枚看板が崩れて敗退し、投手陣の強化が急務だった中で台頭した。

 選抜で登板した3年生の竹中勇登も“ライバル”で、「先発の柱としてチームを勝利に導ける投手になりたい」と気合を入れなおした。ポテンシャルを秘めた2年生が逆襲の夏のキーマンになりそうだ。(中澤 智晴)

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月23日のニュース