神港学園・三木 復帰登板も4回1失点敗退「すごく悔しい」投打ともプロ注目株、4番投手で出場も

[ 2021年5月23日 05:30 ]

春季高校野球近畿大会 1回戦   神港学園0ー1智弁和歌山 ( 2021年5月22日    皇子山 )

<智弁和歌山・神港学園>智弁和歌山・中西に神港学園は完封を喫する(撮影・後藤正志)
Photo By スポニチ

 最速146キロ&高校通算33発で今秋ドラフト候補に挙がる神港学園(兵庫)の三木勇人が4番投手で出場した。

 3月に右肩を痛め、復帰登板で4回を2安打1失点。打撃では3打数無安打2三振に終わり、「負けたのは僕のせい。投げる方は7、8割まで戻っている。春は(エースの)加藤に助けられたので、今度は自分が支えてやろうと思っていたので、すごく悔しい」と肩を落とした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月23日のニュース