巨人・原監督、連日の“綱渡り継投”反省「投手コーチの言う通りにしておけば良かった…。謝りました」

[ 2021年5月23日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―4中日 ( 2021年5月22日    バンテリンD )

<中・巨>8回、選手交代を告げる原監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の原監督が、連日の「綱渡り継投」を反省した。5―4の9回にデラロサ、高梨、鍵谷が1死ずつ奪い逃げ切り。3点リードの8回に「リリーフ陣の(登板)過多にならないように。とても調子が良かったので」と自身の判断で送った戸根が2点を失い「投手コーチの言う通りにしておけば良かった、というのは反省。(コーチに)謝りました」と話した。

 勝ちか引き分けの試合で9回にリリーフを2人以上つぎ込むのは6度目で、全て5月以降。同様に9回に3投手を送った前日に続いて「綱渡りポーズ」を見せた指揮官は、高梨が大島から奪った三振を「めちゃくちゃ大きかった」と称えた。

 ▼巨人・サンチェス(7回2失点で4勝目)調子は良いというわけではなかったが、粘り強い投球ができたことが収穫で、意味のある登板になった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月23日のニュース