首都大学リーグ 東海大が首位桜美林大に連勝。優勝決定戦へ

[ 2021年5月23日 16:43 ]

首都大学最終週最終日   東海大1―0桜美林大 ( 2021年5月23日    等々力 )

<桜美大・東海大>6回2死一、三塁、打者、竹内(左)の時、桜美大・山本雅の暴投により東海大が先制点をあげる。右は桜美大の捕手・田島大(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 東海大が首位・桜美林大に連勝し、6勝4敗同士で並んだ。

 決勝点は無安打で奪った。0―0の6回2死一、三塁から桜美林大・山本雅の暴投で三塁走者・小松勇輝内野手(3年、東海大相模)が生還。「8番・三塁」として今季初スタメンの門馬大主将(4年、同)は「何とか1点取れて本当に良かった。1人1人が慌てず前を向けた」と興奮気味に明かした。この日は東海大相模を指揮する門馬敬治監督(51)が観戦。「父が来たと聞いたけど会ってません。試合に集中してたんで」と笑顔で話した。

 今季から就任した井尻陽久監督(68)も土壇場での連勝に、ナインを手放しで称えた。「投手はよく投げたし、内野もよく守った」。2番手で4回を2安打無失点に封じた加藤匠投手(2年、東海大甲府)は前日ベンチ入りすらしなかったが、制球力を勝ってマウンドに送り込んだ。

 チームは6勝4敗で全日程を終了。帝京大もすでに6勝4敗で全日程を終えており、東海大、桜美林大の3校が後日のリーグ優勝決定戦へ回ることになった。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月23日のニュース