関東大会で優勝した専大松戸の持丸修一監督が明かした新構想 「変える可能性ある」

[ 2021年5月23日 22:41 ]

春季高校野球関東大会決勝   専大松戸7―6関東第一 ( 2021年5月23日    山日YBS球場 )

関東王者に輝いた専大松戸・持丸監督(中央)、森岡部長(左)=撮影・柳内 遼平
Photo By スポニチ

 春季高校野球関東大会の決勝が23日、山梨県の山日YBS球場で行われ、専大松戸(千葉2位)が関東第一(東京2位)に7―6で競り勝ち、初優勝を成し遂げた。

 専大松戸の大量リードで試合は終盤に突入するも、7―1の9回は関東第一に1点差まで迫られ、持丸修一監督は「まあ、いつか(攻撃は)終わると思っていました。優勝するってのはこういう苦しみがあるんだよな」と振り返った。

 準決勝、決勝でプロ注目の最速143キロ右腕・深沢鳳介(3年)を温存。背番号11の岡本陸(3年)、背番号16の中館宙(3年)の両右腕に経験を積ませた上で優勝を果たした。だが、指揮官は辛口だった。

 「勝ったという喜びはありますが、夏の大会の不安が大きい。投手陣も整備しないといけない。(夏の)大会ではみんな命懸けでくる」

 着実に戦力は向上している。投手陣はエースの深沢、2番手の岡本ら3名の投手が140キロ超えを計測するなど馬力が増した。打撃陣は決勝で4犠打を記録したように、確実に走者を進め、関東大会4試合で25得点を記録した。

 持丸監督はセンバツ後、主将を石井詠己(3年)から吉岡道泰に変更。内野の要である遊撃を務める石井の負担軽減と吉岡の奮起を促して結果に結びつけたが、今後については新構想があるという。

 「石井は責任感から解放されて楽になるかと思ったが、主将の方が良いような感じもする。(主将を)変える可能性もある」
 変幻自在な采配を見せる指揮官。センバツは石井、春季大会は吉岡と状況に応じて主将を使い分けた。夏の大会は誰がキャプテンを務めるのか、注目したい。(柳内 遼平)

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月23日のニュース