【楽天・田中会見一問一答(4)】ソフトB柳田は「13年に5割打たれた」ノムさん教え「胸に刻み続けて」

[ 2021年1月30日 18:50 ]

入団会見で、18番のユニホームを着てガッツポーズをする田中将(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ヤンキースからFAとなり、2013年以来8年ぶりに楽天への復帰が決まった田中将大投手(32)が30日、都内のホテルで会見した。会見には三木谷浩史オーナー(55)が同席する異例の待遇。立花陽三球団社長(50)、石井一久GM兼監督(47)も顔をそろえ、豪華な布陣での会見となった。

 ――パ・リーグで対戦を楽しみにしている打者は?
 田中「7年離れていて、いない間にたくさんいい打者が出てきていると思う。誰か個人名を挙げるのは分からないが、いい選手がたくさんいる認識。そういった選手との対戦はものすごく楽しみです

 ――柳田が対戦するのが嫌ですと言っていた。
 田中「柳田選手は同級生なんですけど、記事にもありましたけど、お話したことないんですよね。対戦はあるんですけど、13年は5割打たれているし、リップサービスじゃないですか」

 ――石井監督も野村監督の下でスタート。その下でプレーすることについて縁を感じるか?
 田中「正直、考えていなかったですね。でも、またこうして日米と両方を経験されている。同じポジションの投手ということで、調整していく段階でうまくいかないこと出てくると思う。そのときは頼りにして、いろいろとアドバイスをいただきたいと思っています」
石井監督「まだ僕の方が通算で勝っているので、もうちょっと勝つまでは“マサヒロ”と偉そうに言って、それ以上超えたら“ねえねえ、田中君”にしようかなと」

 ――8年前、渡米直前に野村さんとキャッチボールをした。再び日本でプレーした。あのときの思いは?
 田中「あのとき、日本での最後の1球受けていただいて。野村監督の下で僕のキャリアがスタートしたので、凄い感慨深いものがありました」

 ――野村さんの教えで今でも残っていることは?
 田中「とにかく、投手は原点能力が大事と教えられていた。今までもそうですし、これからも打者の外角低めに投げていくのを一番練習していくと思う。これからも胸に刻み続けながらやっていきたい」

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月30日のニュース