【楽天・田中会見一問一答(3)】東北で「一緒に頑張る」「腰掛けではなく本気で日本一」「金メダル」

[ 2021年1月30日 18:45 ]

入団会見で、18番のユニホームを着てガッツポーズをする田中将(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ヤンキースからFAとなり、2013年以来8年ぶりに楽天への復帰が決まった田中将大投手(32)が30日、都内のホテルで会見した。会見には三木谷浩史オーナー(55)が同席する異例の待遇。立花陽三球団社長(50)、石井一久GM兼監督(47)も顔をそろえ、豪華な布陣での会見となった。

 ――2年契約を選んだ考えは?
 田中「2年という契約になっているが1年終わった段階で球団とお話をさせていただく。またどういう風になるか自分の中でも分かりませんが、とにかく、まだアメリカでやり残したことがあると自分では思っている。自分の中での選択肢、オプションを捨て去りたくなかったのでこういう契約をさせてもらったが、決して腰掛けではなく、本気で日本一を獲りにいきたい。イーグルスでプレーしたいと心から思っての決断。生半可な気持ちではどこの世界でも成功することはできないと思う。まずは今シーズン、全力で戦いたいと思っている」

 ――東京五輪への思いは?
 田中「正直、2020年に開催とのことでしたので、自分は出られない立場にあった中で、延期になって、日本球界に返って来て、出るチャンスがあるということなので、心から選ばれるのであれば断る理由はない。出たいと思っている、前回、北京五輪出ましたけど、悔しい思いして終わっている。野球がまたなくなってしまうので。自国開催ですし、金メダル獲りたいと思っています」

 ――自主トレのプランは?
 田中「自分の中でいろいろなところ、ボール、マウンド、アジャストとしないといけないことがたくさんある。いろいろなことを想定しながら、生活もそうですし練習もしていければと思っています」

 ――震災から10年。被災地のみなさんに向けて。
 田中「今でも一緒になって頑張りたい気持ちは変わらずにある。今まで以上に近くに居られることで、僕にできることがあるかもしれない。できる限り協力したいし、みなさんと一緒に頑張っていきたい。まずは球場で、マウンドでいい姿を見ていただけるように、変わらず努力していかないとと思っています」

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月30日のニュース