巨人・岡本がリーダーの自覚 先輩・吉川尚に身ぶり手ぶりアドバイス

[ 2020年1月19日 05:30 ]

自主トレでティーバッティングをする岡本(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・岡本が川崎市のジャイアンツ球場で自主トレを行い、リーダーの自覚を示した。打撃練習中に、ともに汗を流した2学年上の吉川尚に身ぶり手ぶりを交えアドバイス。2年連続30本塁打の23歳は「僕でも聞かれるようになってきたので、少ない引き出しの中から頑張って答えています」と笑顔で語った。

 常々、原監督は「リーダー意識を一人一人が持ってもらいたい」と訴えており、岡本も「徐々にそういう選手、人間になっていかないといけない」と自覚は十分。秋季キャンプでは野手キャプテンを務め「声掛けてあげないとあかん、自分のことだけじゃダメだと思った」と振り返った。

 この日はノックも受けるなど守備練習にも時間を割き「獲れるものは全部獲りたい」とゴールデングラブ賞にも意欲。若き主砲が真のリーダーへ成長する。 (青森 正宣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月19日のニュース