ロッテ 朗希、体の使い方は“マー君タイプ”

[ 2020年1月19日 10:10 ]

<ロッテ新人合同自主トレ>特別講師の廣戸聡一さんから4スタンス理論を学ぶ佐々木朗(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテ・佐々木朗希投手(18=大船渡)は19日、ZOZOマリンスタジアムで新人合同自主トレを行う前に、「4スタンス理論」を提唱する廣戸聡一氏の講習を受けた。人の体の使い方は4種類のタイプに分かれるというもので、最速163キロ右腕は「B2」タイプと分類された。

 「B2」は、佐々木朗が少年時代から憧れてきたヤンキース・田中将大投手と同じタイプとなる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月19日のニュース