日本ハム・栗山監督 地元でe-Tax体験「スマホで納税ができるなんて」

[ 2020年1月19日 14:02 ]

説明を受けながらe-Taxでの確定申告にトライした日本ハム・栗山監督
Photo By スポニチ

 日本ハム・栗山英樹監督(58)が19日、東京都東村山市の東村山税務署を訪れ、スマートフォンやパソコンから手軽に確定申告ができるe-Taxを体験した。

 同サービスは今年度から雑所得や一時所得などまで利用範囲が拡大。署員の説明を受け、実際に画面を見ながら確定申告を体験した栗山監督は「国民の義務として間違ってはいけない。納税は大変な作業と思って今まで税理士さんに頼んでいたけど、これなら簡単に出来るし、すごく分かりやすい」と驚いた様子で話した。

 栗山監督はお隣の小平市で育ち、現役時代は東村山市に在住。同税務署は確定申告の時期に混雑することで有名だが「スマホで納税ができるなんてすごい進歩。納税者に迷惑をかけないようにという(税務署の)思いも感じる」と話し、地元への思いについて「この地域を愛している。少しでも勇気、元気を与えられるように頑張りたい」と久しぶりに地元へ戻って気持ちを新たにしていた。

 e-Taxの詳細については国税庁ホームページまで。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月19日のニュース