レッズ 秋山、指導者セミナーで特別講演 少年時代の練習法語る 教え方に持論も

[ 2020年1月19日 20:30 ]

神奈川学童野球指導者セミナーで講演したレッズの秋山
Photo By スポニチ

 西武から海外FA権を行使してレッズに移籍した秋山が神奈川県横浜市内で行われた「第3回神奈川学童野球指導者セミナー」で特別講演を行った。

 自身の少年時代の練習について「神社で壁当てや素振りをやっていた。素振りは毎日100本。しんどかったけど、習慣になった。コースを9分割して10本ずつで合計90本。残り10本は好きに振る。それを続けていたことを覚えています」と振り返った。

 秋山は毎日、やるべきこと10項目を記したチェックシートを用い、素振りやランニングを習慣化していたという。「自分からやった」「言われてやった」「言われてもやらなかった」という評価方法を用い「習慣になるうちにできることが増えていく。天気が悪い、遊びに行きたい時もある。どういう環境でもこなしたという自信がつく。僕は(5年連続で)フルイニング(出場)を続けたけど、体調が優れない時もあった。その中でも試合に出ないといけない。そういうのにつながる」と語った。

 指導のあり方にも言及した。指導者による暴力問題などが厳しく追及される一方で「子供たちが指導を避けやすくなっている。強制力が落ちている」という。「ネガティブに聞こえるかもしれないけど、我慢させたり、嫌でもやらさなければいけないことはある。人生においても必要なこと。一つ踏ん張る要素になる」と持論を展開した。

 野球人口減少の現状には「ゼロを1にすることが野球人口を増やすこと。プロ野球選手が小学校の体育の授業に入って、ティーボールをやって“野球って楽しいよね”となることが大事。野球を知らない子たちのところに野球選手が入っていくのが必要なこと」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月19日のニュース