広島・中村奨 誠也からの激辛エールに発奮「さすがに危機感を感じている」

[ 2020年1月19日 05:30 ]

フリー打撃をする中村奨
Photo By スポニチ

 広島・中村奨成捕手(20)は18日、鈴木誠也外野手(25)からの激辛エールを受けて、「絶対1軍」の誓いを新たにした。鈴木誠は若手野手の底上げに期待しており、高卒3年目での初昇格へ長打力アップを決意。廿日市市内の大野練習場での合同自主トレでは、視察した迎打撃コーチから現状を高く評価された。

 激辛エールの矛先は、中村奨にも向いている。事の発端は11日。鈴木誠が自主トレ公開で、若ゴイへの伝言を残した。「僕は3年目以内に出られなかったらクビになると思っていた。いまの子たちは、ゆっくりやっているように見える。そういうふうにやっていると消えてしまうよ…と伝えたい。そんなに甘い世界ではない」。その「3年目」を迎える中村奨の胸中は、穏やかではいられなかった。

 「ピリッとした。さすがに僕も危機感を感じている。3年目になるまで1軍出場がないのは、そろそろやばいな…と」

 プロ2年間でいまだ昇格がなく、「絶対1軍」への思いが募る。一方、昨秋キャンプで初めて1軍に同行し、非凡な長打力に昇格のヒントを得ていた。

 「キャンプで下半身の使い方を教えていただいて、オフはずっと意識してきた。足が売りでもある。外野手の間を抜いて二塁打、三塁打をたくさん打てる打者を目指した方がいいのではないか…という話をした。自分の売りを生かせるような打撃をしたい」

 17年夏の甲子園大会で1大会最多の6本塁打を放った長打力を生かさない手はない。昨季は2月に肋骨を疲労骨折。2軍戦で39試合出場にとどまったが、打率・279、2本塁打、9打点と上々の結果を残した。

 オフ期間は、広島市内のトレーニングジム「アスリート」に週5日通った。「打球の力強さが去年とは違う」と好感触。合同自主トレではフリー打撃で快音を残し、視察した迎打撃コーチからは「秋でやったことを意識してくれていると感じた。元々芯に当てるのが上手。そこだけに走らずに力強さを求めてほしい」と期待された。

 捕手事情は、正妻の会沢、石原慶が健在。さらに磯村、坂倉が打撃で評価を上げており、昇格は容易ではない。「足だけ、肩だけとか一つだけというのは好きではない。捕手の中で圧倒的な勝利がほしい。走攻守のトータルで勝負できるようにしたい」。強力な捕手陣の中でも、走攻守の三拍子がそろうのは中村奨だけと言っていい。まずは、長打一発で1軍殴り込みへの号砲を鳴らす。(河合 洋介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月19日のニュース