中日・与田監督 高木氏に感謝「非常に熱い監督」 背番号1を背負う京田「失礼のないように活躍を」

[ 2020年1月19日 05:30 ]

中日・与田監督
Photo By スポニチ

 中日はこの日、高木氏の死亡時刻は17日午前4時3分だったと発表。親族の意向により発表を差し控えていた。

 92年から95年まで高木監督の下でプレーした与田監督は「非常に熱い監督で叱られながらも試合に使っていただき感謝している」と球団を通じて談話を出した。

 11年ドラフト1位の高橋は3球団競合の末、高木監督が交渉権を引き当てて入団。この日誕生日を迎えた26歳は「ドラゴンズに入れたのは高木監督のおかげ」と感謝した。高木氏がつけていた背番号1を背負う選手会長の京田は「守道さんに失礼のないように活躍していきたい」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月19日のニュース