ダルビッシュ WSで打たれたのは癖のせい?サイン盗みのせい?「アストロズの人たちに実際に聞きたい」

[ 2020年1月19日 05:30 ]

カブスのダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュが、米球界を揺るがしているアストロズのサイン盗み問題について「(17年のワールドシリーズで)打たれたのは癖が見抜かれたからなのか、テクノロジー(ビデオでのサイン盗み)だったのかには興味がある。アストロズの人たちに実際に聞きたい」と話した。

 当時ドジャースで第3、7戦に登板し、いずれも1回2/3で降板。癖が出ないように、万全の準備をしていたという。「何人かのアストロズの選手は僕に“癖が100%出ていた”と言ったから、おかしいと思いました」と振り返った。

 この日は本拠地のシカゴで開催されたファン感謝祭に参加。開会式の選手紹介では熱狂的な「ユウ」コールを浴びていた。(奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月19日のニュース