阪神 糸原が自主トレ公開 2年連続全試合出場中も「こだわりすぎて結果が出なかった」

[ 2020年1月19日 15:00 ]

<阪神・糸原自主トレ>自主トレ中に笑顔を見せる糸原(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 阪神の糸原健斗内野手(27)が19日、神奈川県川崎市にある出身のJX―ENEOSのグラウンドで自主トレを公開した。

 新年はじめて公の場で取材に応じた糸原は、「年明けからは技術練習をみっちりやっている。早い動きだったりキレを出す練習だったり。自分の体をしっかり扱えるように」と現状を明かした。昨年末は広島のトレーニングジム「アスリート」で筋力強化メニューを中心にこなし、1月はアジリティ系のメニューに重点を置き換えて汗を流している。

 18年から2年続けて全試合出場を果たしているものの「去年はそこにこだわりすぎてあまり良い結果が出なかった」と振り返る。「チームが勝つことを第一に考えることで自分の成績にもつながってくる」という思考に切り替えて戦うことで、さらなる飛躍を遂げるつもりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月19日のニュース