楽天の“コブクロ”ドラ1・小深田&ドラ2・黒川 蕾から1軍で花咲かす!

[ 2020年1月19日 05:30 ]

自主トレを行う楽天の「コブ・クロ」コンビ。ドラフト1位・小深田(左)と同2位・黒川
Photo By スポニチ

 「コブ・クロ」コンビで新風を吹かせる!

 楽天のドラフト1位・小深田(大阪ガス)、同2位・黒川(智弁和歌山)がともにキャンプ1軍スタート。同期の良きライバルとして、小深田は「(黒川と)一緒に頑張っていきたい。キャンプに行ってからが勝負。しっかりアピールしたい」と誓った。

 ニックネームは「コブ」と「クロ」で、黒川も「コブさんは走攻守がそろった選手。でも、僕もコブさんより声は負けていませんよ。元気を出して、コブさんより目立っていきたい」と力を込めた。

 小深田は社会人出身で黒川は高卒。それでも新人合同自主トレではキャッチボールでコンビを組むなど、同じ内野手として切磋琢磨(せっさたくま)の日々を送っている。

 キャンプでは「先輩のプレーを見て色々と盗んでいきたい」と小深田。黒川も「(シーズンでは)お立ち台に上がってヒーローになるのが目標。キャンプで見て、聞いてたくさん学びたい」と鍛錬の日々を心待ちにしている。

 人気男性デュオ「コブクロ」の歌のように、今は「蕾(つぼみ)」の2人も、プロの世界で満開の「桜」の花を咲かせるつもりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月19日のニュース