DeNA古村「三嶋さんのような存在に」 1軍登板誓う

[ 2020年1月19日 14:43 ]

ブルペンで投球練習を行うDeNA・古村
Photo By スポニチ

 DeNAの古村徹投手が19日、横須賀市内の2軍施設「DOCK」で自主トレ。ブルペンでの投球練習も行った。

 一度は戦力外となりながら独立リーグなどを経て5年ぶりに古巣復帰した昨季は、左肘の手術もあり1軍登板なしに終わった。今年1月の厚木自主トレでは三嶋のもとで「足の使い方や体幹、いろいろなことを勉強できた。自分も中継ぎとしてやっていくつもりなので、何年も投げている三嶋さんの意見はためになった」と多くのことを吸収した。

 26歳左腕は「大事な場面で投げられる、三嶋さんのような存在になりたい。1軍登板しか考えていない。1軍で投げて、そこからステップアップしていきたい」と今季に懸ける思いを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月19日のニュース