巨人 小林、普段は「ファッションでも守り」 8年ぶり日本一奪回へ「強い気持ちを」

[ 2020年1月19日 18:43 ]

<Safariアスリート・ドレッサー・アワード>サインボールを投げる巨人・小林誠司(右)=撮影・小海途 良幹
Photo By スポニチ

 巨人・小林誠司捕手(30)が19日、都内で行われた「Safari Athlete Dresser Award」に出席した。

 ファッションでも影響力のあるアスリートに贈られる賞。端正なマスクの30歳はデニムにジャケット、蝶ネクタイ姿できめて登場した。

 普段のオシャレについて「本職でも攻めるの苦手。ファッションでも守り」と照れ笑い。昨季は5年ぶりのリーグ優勝を果たすも、日本シリーズでソフトバンクに敗退。「強い気持ちを持ってとりにいきたい」と8年ぶりの日本一奪回を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月19日のニュース