DeNA 藤井秀悟打撃投手兼広報が“二刀流デビュー”

[ 2020年1月19日 14:33 ]

初投げをしたDeNA・藤井打撃投手兼広報
Photo By スポニチ

 今季からDeNAに加入した藤井秀悟打撃投手兼広報が、新天地で「打撃投手デビュー」した。

 横須賀市内の2軍施設「DOCK」で行われた新人合同自主トレで、蝦名と田部を相手に計10分間。巨人時代の昨秋キャンプ以来の「登板」に「デビューしました。明日、肩の状態がどうかですね」と笑顔を見せた。

 現役時代は4球団で通算83勝をマークした左腕。12年から3年間所属した古巣に、6年ぶりに復帰した。1月から広報業務を行っているが、この日は初めて打撃投手との「二刀流」となり、忙しそうに汗を流していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月19日のニュース